ページTOPへ戻る

よくあるご質問

パソコンのトラブル

QWindowsパソコン(Windows)が起動しません。

A症状の例

  • 黒い画面で「Windows拡張オプションメニュー」が表示されている
  • 黒い画面で英語の白い文字が表示されている
  • 画面は表示されるがカーソルしか動かない
  • 「Windows Update」が終わらない

原因

以下の原因により起動できない状態になっている可能性があります。

  • OS起動に必要なデータがソフトウェアまたはハードウェアの問題によって読み出せていない
  • Windowsが不調となっている
  • ハードディスクの不調によりOSが正常起動できない
  • マルウェアやウイルス等の感染によりOSが起動できない
  • WindowsUpdateの失敗

対処法

  • 1「Windows拡張オプションメニュー」が表示されている場合

    「Windows拡張オプションメニュー」が表示されている場合は、「前回正常起動時の構成」を選択して、起動することができれば一時的な不調ということになります。
    このような場合は、前回終了時にメモリやハードディスクに負荷がかかる事象があり、機械的な不調を起こす予兆とも考えられます。そのまま使い続けることが難しくなる可能性がありますので、あらかじめ必要なデータのバックアップ、大切な写真やビデオなどはメディア等に保管しておくことをおすすめします。 パソコンの初期化(出荷時の状態に戻す)もあわせてご確認ください。

  • 2黒い画面で英語の白い文字が出て起動しない
    カーソルが動くだけという場合

    ハードディスクやSSDは、OS起動時にデータの読み出しを行います。またOSアップデートなどで書き込みを行います。これらにより起動に必要なデータを保管している領域(プラッター)から読み出しが出来ないという故障が起きることで、OSが正常起動しないというトラブルが起きます。

    黒い画面で英語の白い文字が出て起動しない、カーソルが動くだけという場合は、そのままではおそらく起動しないため、PCデポ店頭にお持込ください。
    起動しないからといって電源を繰り返し入れるような操作はしないようお願いいたします。ハードディスクがさらに損傷してデータ復旧などができない状態になる可能性があります。

  • 3「ハードディスクの問題が検出されました」と表示されている場合

    ハードディスクに負荷がかかる事象があり機械的な不調を起こしHDDの自己診断機能“S.M.A.R.T.”(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology) から障害情報が出ている場合です。あらかじめ必要なデータのバックアップを行ってからハードディスクを交換されることをおすすめします。
    「ハードディスクの問題が検出されました」が表示されている場合もあわせてご確認ください。

  • 4「Windows Updateが終わらない」

    ご利用中のパソコンがWindows 7/8の場合、毎月中旬にMicrosoft社の月例Windows Updateが行われます。
    このときパソコンには大きな負荷がかかるため、PCのメモリが不足していたり、部品が劣化していた場合に失敗してしまうことがあります。
    メモリは8GB以上、記憶装置はHDDより劣化のリスクが少ないSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が推奨です。

    パソコンの高速アップグレードはこちら

※本ページに記載の対処法は一例であり、症状の改善を保証するものではございません。
※本ページに記載の対処法通りに行っても症状が改善されない場合、修理等が必要になることがございます。
※症状が改善されない、解決方法がわからないときはお近くのPCデポ パソコンクリニック / ドクタースマートまでご相談ください。

関連するご質問

前のページに戻る