ページTOPへ戻る

よくあるご質問

パソコンのトラブル

QセキュリティWindowsでセキュリティ対策ソフトが起動しません。

AWindowsUpdateの適用やソフトウェアのアップデート、ウイルス対策ソフトを複数インストールしてしまうことでの競合などにより起動しなくなることがあります。

  • Windowsの起動後、画面右下のタスクトレイに自動起動したアプリケーションが確認できます。タスクトレイに常駐していない場合は起動していないので、ソフトの再インストールやウイルスソフトが複数インストールされていないかを確認してみてください。
  • Windows10に標準搭載されている「WindowsDefender」は悪意あるソフトウェア(マルウェア)からの保護のため常駐スキャンを行いますので、競合する可能性があります。
    Windowsの設定から更新とセキュリティを開き、WindowsDefenderを選択してリアルタイム保護を無効(または有効)に設定を変更してください。その後、タスクトレイでウイルス対策ソフトが常駐されている状態になることを確認してください。
  • なお、セキュリティ対策ソフトを停止させる、機能させなくするマルウェア、偽セキュリティソフトも多くあるため、それが起動しない原因となっていることもあります。
※本ページに記載の対処法は一例であり、症状の改善を保証するものではございません。
※本ページに記載の対処法通りに行っても症状が改善されない場合、修理等が必要になることがございます。
※症状が改善されない、解決方法がわからないときはお近くのPCデポ パソコンクリニック / ドクタースマートまでご相談ください。

関連するご質問

前のページに戻る