ページTOPへ戻る

よくあるご質問

パソコンのトラブル

QソフトウェアMicrosoft Officeのライセンス認証がエラーになる場合の対処法

AMicrosoft Officeのライセンス認証ができない

  • Microsoft Officeがプリインストールされているパソコンの初回または、初期化後のライセンス認証(アクティベーション)でエラーとなるい場合があります。
    正規のライセンスでも、オンライン認証手続きができないケースでは、利用者のネットワーク環境または実行権限に原因がある場合場合を除き、電話での認証手続きを取ることになります。
  • インターネット経由で行うを選択し、「ライセンス認証回数が上限に達しているためライセンス認証を実行できません」などのエラーが表示される場合、 または電話で行うを選択し、「電話によるライセンス認証手続きは、この製品ではサポートされていません」などのエラーが表示される場合には、 プロダクトキーカードを用意して、マイクロソフトのAnswerDesk(tel:0120-54-2244)に電話します。
  • 「プロダクト キーが無効」と表示される場合には、Windowsのライセンス認証を確認してから、トラブルシューティングツールを利用します。
  • トラブルシューティングツールはこちらからダウンロードボタンを押してください。
  • 「申し訳ございませんが、Office を設定できませんでした。」と表示され、エラー コード: 0xc004f200となっている場合、 ネットワーク接続がされていること、ウイルス対策ソフトやファイヤウォール機能でブロックされていないことを確認します。
  • 本体の日付、地域が正しく設定されていること、アップデートが適用されていることを確認します。
  • エクセルまたはワードを管理者権限で開き、Officeのセットアップウィザードを再度すすめます。
  • これでも解決しない場合には、レジストリの変更などの対処法が必要になる場合があります(参考: 「エラー 0xc004f200」(マイクロソフトサポート)
※本ページに記載の対処法は一例であり、症状の改善を保証するものではございません。
※本ページに記載の対処法通りに行っても症状が改善されない場合、修理等が必要になることがございます。
※症状が改善されない、解決方法がわからないときはお近くのPCデポ パソコンクリニック / ドクタースマートまでご相談ください。

関連するご質問

前のページに戻る