ページTOPへ戻る

よくあるご質問

パソコンのトラブル

QWindows8.1/10「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示され起動しない場合の対処法

A症状の例

  • 「自動修復でpcを修復できませんでした」と画面に出る
  • 「Windowsが正しく読み込まれませんでした」を画面に出る
  • 「問題が発生したために、PCを再起動する必要があります。 エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。」と画面に出る

原因

  • (周辺機器・増設パーツの)デバイスドライバーが原因になっている。
  • WindowsUpdateでデバイスドライバーが適合しないものに変更されている。
  • WindowsUpdateが失敗している。

対処法

  • 1自動修復を何度か実行する

    自動修復が成功すると通常起動しますので、何度か繰り返し実行してみます。

    参考:
    自動修復でPCを修復できずにデスクトップ画面が表示されない場合の対処法について (マイクロソフトコミュニティ)

  • 2Safeモードで起動する

    Windows10では、電源投入後に「F8キー」を押してSafeモードで起動することができません。 Windowsロゴが表示されてサインナップ画面で、電源アイコンから、Shiftキーを押しながら再起動を行うと Safeモードで起動が選べます。 サインナップ画面が開かない場合には、 Windowsロゴが表示されるタイミングで電源ボタン長押しで再起動を行います。 二回繰り返すと三回目の起動時に自動修復モードで起動します。 「自動修復を準備しています」という画面になります。

    「自動修復を準備しています」のまま終わらない場合には、まず様子をみてください。時間がかかるケースがあります。 2時間かけても変化が無い場合には、いったん強制終了し、「回復ドライブ」での起動での自動修復を試します。 自動修復が完了しない場合には、HDDの物理的損傷の可能性がありますので、修理、交換が必要になる場合があります。

    「オプションの選択画面」から「トラブルシューティング」を選び「詳細オプション」から選択し、セーフモード起動を選びます。

    参考:
    「Windows 10 のセーフ モードで PC を起動する」(Microsoft)

  • 4WindowsUpdateトラブルシューティングツールを使う

    WindowsUpdateの直後に、トラブルが発生している場合には、上記の手順でセーフモード起動をし、マイクロソフトのトラブルシューティングツールを利用します。 または復元ポイントを設定している場合には、WindowsUpdateの直前の状態に復元します。

    参考:
    WindowsUpdateトラブルシューティングツール(Microsoft)
    Windows 10でシステムの復元を使用してパソコンを以前の状態に戻す方法(NEC)

※本ページに記載の対処法は一例であり、症状の改善を保証するものではございません。
※本ページに記載の対処法通りに行っても症状が改善されない場合、修理等が必要になることがございます。
※症状が改善されない、解決方法がわからないときはお近くのPCデポ パソコンクリニック / ドクタースマートまでご相談ください。

関連するご質問

前のページに戻る