ページTOPへ戻る

よくあるご質問

パソコンのトラブル

QパソコンWindowsで増設または交換したハードディスクが認識しない(未割当)となっている場合の対処法

Aハードディスクを認識しない場合、Windowsで利用できる設定に変更することで解決する場合があります

原因と対処法

ハードディスクをフォーマットしていないことが原因の場合には、コントロールパネルのシステムとセキュリティから、管理ツールを開き、
ディスクの管理画面で、フォーマットします。
内蔵HDDを交換した場合には最初にフォーマットが必要です。
外付けHDDの場合はフォーマット済みで販売されていますが、フォーマット形式(NTFS、FAT32など)、を変更することが必要になる場合もあります。

パーティション情報が破損したためにドライブを読み込むことが出来ないことが原因の場合には、
データ領域の枠が壊れているため、読み込めない状態ですので、電源を落として、データ復旧のご相談をされることをおすすめします。
無理に操作をすると復旧不能となる場合がありますのでご注意ください。

ドライブレターの競合が原因の場合には、ディスクの管理画面で「ドライブ文字とパスの変更」またはコマンドプロンプト からDiskpartコマンドで操作します。
内蔵HDDをSSDに変更する際に、そのままクローン(丸ごとコピー)を行った場合、外付けHDDをコピーして交換した際など、 ドライブレター(DドライブやFドライブなどのドライブ名)が競合してしまうケースがあります。
ディスクの管理画面または、Diskpartコマンドで対処することが必要ですが、変更が原因でトラブルを生じるケースがありますので、 実施すべき対処方法は、Windowsパソコンとドライブの関係性をふまえて検討する必要があります。操作を間違えてデータを消去して しまう可能性もありますので、あらかじめデータバックアップをとることをおすすめします。

ハードディスクが故障していることが原因の場合には、データが壊れる可能性がありますので、電源を落として、元の状態に戻し、 万が一の場合に備えバックアップをとり、交換修理等を実施します。

ディスクの管理でドライブがオフラインになっている場合、
「オンラインである他のディスクと署名が競合しているために、ディスクはオフラインです。」と表示されます。
データバックアップ後に再接続し、オンラインにして認識させドライブレターを変更します。

参考:
「ハードディスクを増設したが、Windows上で認識されない」(エプソン)
「Windows ディスクの管理画面でのフォーマット方法」(エレコム)

※本ページに記載の対処法は一例であり、症状の改善を保証するものではございません。
※本ページに記載の対処法通りに行っても症状が改善されない場合、修理等が必要になることがございます。
※症状が改善されない、解決方法がわからないときはお近くのPCデポ パソコンクリニック / ドクタースマートまでご相談ください。

関連するご質問

前のページに戻る