ページTOPへ戻る

よくあるご質問

パソコンのトラブル

Qセキュリティ「Internet Explorerのサポート終了」とはなんですか?

AInternet Explorerの該当バージョンに対するテクニカルサポートやセキュリティ更新プログラムが、マイクロソフトから提供されなくなることです。

  • 2016年1月12日以降は、最新バージョンのInternet Explorer以外について、サポートが終了します。Internet Explorer(IE8、IE9、IE10)のサポートが終了すると、以下のようなことが発生します。
  • セキュリティ更新終了にともなうウイルス感染
    セキュリティ更新プログラムの提供がマイクロソフトより受けられなくなると、ウイルス感染・個人情報漏えいのリスクが高まってしまいます。
  • プラグインが利用できない
    サポート終了後は、サポート対象(新しいバージョンのInternet Explorer)に合わせてプラグインの開発がされるため、古いバージョンのInternet Explorerでは動作しないケースが見込まれます。
  • Windows8は8.1にアップデートを
    Internet Explorer(IE8、IE9、IE10)だけでなく、同時にWindows8もサポートが終了し、8.1へのアップデートが必須となります。バックアップを取ってからOSを更新しましょう。

Internet Explorer(IE)のサポートポリシー変更とは

  • マイクロソフトから 「Internet Explorer のサポートポリシーについて、重要なお知らせ」(マイクロソフト社サイト)が発表され、ポリシー変更が実施されました。
    従来、マイクロソフトではWindows OSに対して複数のIEのサポートが行われ、たとえばWindows 7では「IE8、IE9、IE10、IE11」の4つのバージョンをサポートしていました。
  • 2016年 1月 12日以降、サポートされている各OS上で利用できる最新のInternet Explorerのみがセキュリティ更新プログラムの適用とテクニカルサポートの提供を受けることができるとの発表がありました。
    例えば「Windows 7 SP1」を利用している場合、IE11へ移行することが必要になったということです。2016年1月12日時点での具体的なサポート対象OSと使用できる最新のIE(Internet Explorer)の一覧は下記となります。
  • Windows Platform Internet Explorer Version
    Windows Vista SP2Internet Explorer 9
    Windows Server 2008 SP2Internet Explorer 9
    Windows 7 SP1Internet Explorer 11
    Windows Server 2008 R2 SP1Internet Explorer 11
    Windows 8.1Internet Explorer 11
    Windows Server 2012Internet Explorer 10
    Windows Server 2012 R2Internet Explorer 11
  • ”使い慣れている”といった理由で、Internet Explorerのバージョンを”あえて”古いままにしておく方も多くいらっしゃると思います。これまでは、マイクロソフトも古いバージョンとなったIEのセキュリティも行っていたため、アップデートを適用してさえいればセキュリティ上のリスクが低いまま使い続けることができました。
    しかしながら今回のサポートポリシー変更に伴い、バージョンが古いInternet Explorerにセキュリティアップデートが配信されなくなります。そのためすでに広く知られた脆弱性を利用した攻撃が行なわれた場合に、Webサイトの閲覧やオンライン広告、HTMLの表示などを経由した「ウイルス感染」、「マルウェア感染」等の可能性が高くなってしまいます。
  • 「独立行政法人 情報処理推進機構」からも、「サポート対象外となる IE は、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、新たな脆弱性が発見されても解消することができません。 脆弱性が見つかり攻撃者がそれを悪用すると、ウイルス感染により「ブラウザを正常に利用できなくなる」ほか「情報が漏えいする」などの被害に遭うおそれがあります」 との指摘がされています。
    引用:【注意喚起】 Internet Explorer のサポートポリシーが変更、バージョンアップが急務に」
  • なお、本件は「Google Chrome」、「Firefox」、「Safari」、「Opera」、「マイクロソフト Edge」などをお使いの方には影響がないため、Internet Explorerを使わないという選択肢もあります。 詳しくないのでよく分からないという方はぜひ店頭までお越しください。ブックマークの移行など承ります(相談無料)。

より安全に、安心してインターネットをご利用いただくためには

  • OS、ブラウザー、プラグインなどを最新の状態にする
    Windowsの場合、毎月の定例アップデートとなる「WindowsUpdate」や重要なセキュリティアップデート、abode「FLASH」などプラグインソフトの更新などを行い、PCを最新の状態を維持することが重要になります。
    PCにインストールされているソフトウェア製品をチェックするには「MyJVN バージョンチェッカ 」(http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/) が便利です。
  • パソコンのお買い替えを検討中の方へ
    新しいパソコンに買い替える際は、データの移行や環境の再設定が必要となります。
    パソコンのお買い替え時のデータ移動や環境再設定、セキュリティ設定などに関しても、PCデポでは専門の技術者がご相談を承ります。
※本ページに記載の対処法は一例であり、症状の改善を保証するものではございません。
※本ページに記載の対処法通りに行っても症状が改善されない場合、修理等が必要になることがございます。
※症状が改善されない、解決方法がわからないときはお近くのPCデポ パソコンクリニック / ドクタースマートまでご相談ください。

関連するご質問

前のページに戻る