ページTOPへ戻る

2020年1月14日 Windows7 マイクロソフトのサポートが終了します。お早めにご相談ください

「Windows 7」開発元であるマイクロソフトが、2020年1月14日をもってセキュリティ更新プログラムの提供を終了するため、月例のWindowsUpdateはもちろん、重大なセキュリティ上の問題が顕在化した際に緊急で実施されてきたセキュリティ対策アップデートの配信が終了します。

終了に伴い「ウィルスの感染リスク」および「個人情報漏洩リスク」が高まります。

(「Windows Vista」は、2017年にマイクロソフトのサポートが既に終了しています。ウィルス感染のリスクが高まっているため、インターネットの利用は避けてください。)

インターネットに接続するコンピューターは利用者が爆発的に拡大しています。 インターネットに接続されたあらゆるデバイスに対して、WinodowsやAndroid、iOSといったOSやJavaなどのミドルウェア、ソフトウェアについて、 プログラムの不具合や設計不備といった"脆弱性"を悪意をもって利用しようとする人たちが存在しますので、利用にあたっての安全対策が必要です。

参考:「脆弱性(ぜいじゃくせい)とは?」(総務省)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/risk/11.html

ソフトウェアについての脆弱性情報は、データベース化され、共通識別子(CVE)を用いて管理され、OSやソフトウェアのメーカーが対策し、セキュリティ対策アップデートを配信することで、 "悪意あるソフトウェア"の拡散を防ぐ取組を、ソフトウェアのサポートとして実施されています。
Windows7については、マイクロソフトの延長サポートフェーズが2020年1月14日をもって終了し、脆弱性情報が判明しても、対策がされないままとなり、継続して利用することのリスクが高くなります。
なお、Office2010も2020年10月13日をもって、マイクロソフトのサポートが終了しますので、すでにWindows10にアップグレードされている方もご注意ください。

マルウェアやスパイウェア、ランサムウェアと呼ばれる”悪意あるソフトウェア”について、インターネットを介して拡散する踏み台とさせられたり、個人情報を剽窃、経済的な損失を生じさせるようなトラブルを生じさせるなど、 自分自身だけでなく、第三者にも被害をもたらす可能性、セキュリティ上の危険性が潜在的に存在していますので、デバイスを最新の状態にアップデートすることは、安全対策の基礎といえます。

「Windows 7」搭載モデルをお使いの場合には、安全に、安心してインターネットを利用する、メールやWord、エクセルを利用して文書作成をおこなう、年賀状作成、音楽データ管理、スマートフォン・タブレットのデータバックアップを行う等のために、 マイクロソフトサポート終了後の環境を整える必要があります。

終了に伴いウイルス感染リスク個人情報漏えいリスクが高まります

サポート終了の直前、直後だと、大変混雑が予想され、買い替えや設定データの引っ越し等に大変時間がかかります。

「Windows 7」で利用していたソフトウェアが「Windows 10」にインストールできない、今まで使っていた周辺機器が利用できない、といったトラブルが生じる可能性があります。 この場合はソフトウェアや周辺機器の買い替えも必要になります。ソフトウェアのアップグレードの際には、あらかじめデータのバックアップを行い、所定の手順に沿って、データを移す必要があります。
(※機種やソフトウェアにより状況は異なります。)

例えば、自営業の方で利用者数の多い「弥生会計」は14シリーズ以降のみWindows10対応となります。

参考:最新 OS への移行準備をしましょう!(マイクロソフト)

ご相談はお近くの
PCデポ店舗まで!

店舗を探す