iPhone・iPadのOSアップデートトラブルと対処法

iOS11アップデート

ご相談ください

設定アイコン

「後で通知」にしたままにしている

ストレージの空き容量がありませんと表示される

空き容量不足のメッセージがでる。

バックアップを取っていない

大切な写真をバックアップしていない

2017年9月19日(日本時間)にリリースされた「iOS 11」は、iPhone5s以降、iPad mini2以降、iPad Air以降、 iPod touch(第6世代)以降を対象としたiOSのメジャーアップデートとなります。
「10.3.3」からのメジャーアップデートということで、機能やデザインに大きな変更があります。
iOS11では、QRコードの読み取りがカメラアプリで利用できるようになったり、「片手用キーボード」の追加、 使い勝手にかかわる変更がいくつかあります。 特にiPadについては、Dockからアプリを開いたりやファイルをアプリ間で"ドラッグ&ドロップ"できるようになる、 iCloudDrive内のファイルを「ファイル」を開いて検索、整理することができる、といった操作に関する機能アップが 行われています。
コントロールセンター(ロック画面やホーム画面の下から上になぞる(スワイプ)することで、表示されるメニュー画面) をよく使われる方は、ショートカットを追加することが可能になりました。
QRコードが読み取れるように設定したい、片手用キーボードを試したい、コントロールセンターの使い方を教えてほしい という場合には、ぜひお近くの店舗へお越しください。

参 考
iOS11 (apple公式)

iOSのメジャーアップデートの場合、AppleIDでサインインが必要になりますので、事前にIDとパスワードは確認しましょう。 アップデートの際に、itunesへの接続画面(リカバリーモード)になり正常起動しないケースも想定されますので、 事前のitunesでの バックアップを行うことをオススメします。
「iOS 11 にアップデートする」(apple)
「iOS 11 の新機能」(apple)

参 考
「iOS 11 のアップデートについて」 (apple公式)
「iOS 9 にアップグレードした後で Apple ID でサインインできない場合」 (apple公式)

【ご注意ください】

iOS11へのアップデートにより、モバイルデータ通信の設定で、iCloudDriveが有効になります。
「Wi-Fiに接続していないときには、モバイルデータ通信を使って書類とデータを転送します。」ので、 意図せず、LTE通信が行われるデータ通信容量制限を生じる可能性があります。
また、コントロールセンターでWi-FiやBluetoothをオフにしてもペアリングが解除されるだけですので、 Bluetoothを完全に停止する場合には、設定アイコンから停止させる必要があります。
(参考:iOS 11 のコントロールセンターで Bluetooth と Wi-Fi を使う  (apple公式)


【ご注意ください】

今回のメジャーアップデートでは、64bitアプリのみ動作し、32bitアプリは動作しなくなりましたので、 iOSアップデートにより利用できなくなります。 設定アイコンをタップして、「一般」から「情報」を開き、「App」内で互換性チェックができます。
「"○○"はアップデートの必要があります」と表示がでて、アプリを起動できない場合、アプリのアップデートが必要です。
アップデートが配信されておらず起動できなくなったアプリは、itunesでバックアップを取ることでデータを残して、 パソコン側で扱うことができる場合がありますので、パソコンでバックアップ後にアプリの削除を行うことをおすすめします。 iOS11に対応するiTunes12.7ではApp管理機能はなくなり、アプリ管理ができなくなりましたが、データは、 "iTunes Mediaフォルダ"内にあります。

参 考
App の互換性に関する警告について (apple公式)

iOSアップデートについて、よくお寄せいただくご相談

相談・診断無料(他店購入品OK)お使いのiPhone・スマホをお持ちください。無料で相談・診断いたします。

※ 月々の料金の診断を行います。月額の明細表をお持ちください。
※ 相談・診断が無料です。その他に発生する設定・修理は別途費用がかかります。

無料診断クーポンを印刷する

iPhone 8s / 8s Plus ピーシーデポオリジナルサポートプラン
iPadではじめよう、スマートライフ。
Page Top

店頭での無料診断・受付はこちら

※申込書をご記入の上、ご来店いただくと受付がスムーズです。