Eco&Health:社会と事業の持続。それは環境と健康から。

環境と健康の維持こそが、持続性の基本

私たちピーシーデポグループは、CSRの重点テーマとして「Eco & Health」を設定し、社内外を問わず、様々な活動を行っております。これは、事業と社会の継続には環境の維持と構成する人々の健康維持が基本であるという考え方に基づいています。

エコ活動としては、企業活動の省電力化・カーボンオフセットの推進は、当然のこととする一方、健康推進活動として、営業地域自治体の条例を遵守することを前提とした喫煙ルールの運用を行っています。

当社が扱うデジタル機器は新商品が次々に発売されており、その便利さ故に多くのデバイスが新規購入品に置き換わり、一世代前の機器は自宅やオフィスに休眠資産として保管されております。そのような中、新しい製品に置き換えることに多くのエネルギーを費やすばかりではなく、保管されている休眠資産を再利用することは、環境面で大きな貢献になると考えております。特に、個人宅の休眠デジタル機器を他の家族の方が利用できないかなど、環境面においてあらゆるアプローチによりサービスを開発し提案をしております。

一例をあげると、スマートフォンは、比較的若い世代は高性能・多機能な新製品が欲しい。一方、比較的高齢の方は苦手で普及率も低い。そこで、お孫さんのお下がりを祖父、祖母の方が使用するなど、デジタル機器を家族内で世代を跨って活用することにより、新製品の購入や中古品の再販売に比べ、大きな環境資源の節約ならびにその関連コストは大幅に削減が可能となります。このように、休眠デジタル機器を身近な形で利用できるようにサービスを開発するなど、今後も、事業活動そのものが環境活動になることを主眼に置いて進めてまいります。

ページトップへ移動