ページTOPへ戻る

よくあるご質問

スマートフォンのトラブル

QiPhone・iPadiPhone、iPadの電源が入りません。

A症状の例

  • 起動しない
  • 起動してもアップルマークが表示されて止まる
  • ACアダプタで充電してもLEDランプがつかない

原因

充電されていない、またはiPhoneのバッテリーに問題がある、iOSアップデートなどが原因で起動しなくなるトラブルが生じている可能性があります。

充電しても充電されない、充電ランプがつかない場合は充電用のACアダプタやケーブルの破損等が考えられます。

対処法

  • 1充電を行う

    ACアダプタ(家庭用コンセント)に接続して充電を数十分程度行い、自動的に電源が入れば解決です。

    LEDが点灯せず充電されていないという場合、何度かケーブルと本体、ACの抜き差しを試すと解決することがあります。

    解決しない場合は、スマホ本体、ACアダプタ、ケーブルのいずれかが故障している可能性があります。充電ができるケーブル、ACと交換して試してみてください。

    コンセントから外すと電源が落ちてしまう場合、Appleでの修理が必要です。Appleストアへ持ち込むか、本体のシリアル番号を調べて、Appleのサイトから引取り修理を依頼することができます。

  • 2再起動を行う

    充電はできているのに起動しないというときは、「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に13秒程度押して、強制再起動を行います。Appleのマークが出たらボタンから指を離して、そのまま正常起動すれば解決です。
    データの消失を防ぐため、起動後にPCにつないでiTunesバックアップを取ることをおすすめします。

    強制再起動で起動しても、Appleマークで止まる、再起動を繰り返す場合には「初期化」で改善する可能性があります。
    初期化はデータを全て消して工場出荷時に戻す対処法です。手順は以下のとおりです。

    ・「iPhone/iPadを探す」を設定している場合にはOFFにして、iTunesの自動同期設定もOFFにします。

    ・パソコン(Mac)とitunesのバージョンをアップデートを行ってから、ケーブルでiPhoneをつなぎます。

    ・iTunesのメニューで「iPhone/iPad を復元」を行います。

    iPhoneが再起動して、初期設定(アクティベーション)画面が出たら初期化完了です。

※本ページに記載の対処法は一例であり、症状の改善を保証するものではございません。
※本ページに記載の対処法通りに行っても症状が改善されない場合、修理等が必要になることがございます。
※症状が改善されない、解決方法がわからないときはお近くのPCデポ パソコンクリニック / ドクタースマートまでご相談ください。

関連するご質問

前のページに戻る